スタッフさんたちの競争心が、お友だちを集めた!《名古屋的和風DINING まかまか》

飲食店さんのお友だち集めの事例として、
アカウントの「お友だち数」を店舗同士で競わせ、
1ヶ月で最大219人の登録につながった事例がある。

2017、2018年ナゴワングランプリ優勝
「名古屋コーチンの味噌鶏ちゃん」を提供する
《名古屋的和風DINING まかまか》
南知多町漁協直送の素材を使った料理を提供し、
南知多町のアンテナショップを目指す
《まかまか 名古屋栄住吉店》
雑誌cheekとKELLyで、連載中のシェフ男子兼、
大須のグルメブロガーが店長を務める、
《肉バル COMPLETE》

各店でLINE@導入後、卓上に登録用のPOPを掲示した。
中には、QRコードだけをステッカーにし、
店内のいたるところに貼りお客様の興味をひく試みもあった。

しかしながら、お友だち登録に苦戦していた。
導入後数ヶ月間、多い店舗で、70人という状態だった。

そこで、3店舗を経営する株式会社萌葱
代表取締役の岩月氏は、以下のようなLINEを、
店舗のスタッフさん、アルバイトさんへ一斉送信した。

—–
店舗対抗 LINE@力選手権
優勝は賞金一万円‼
本店、海鮮、コンプリートでシンプルに1ヶ月の間に
どれだけLINE@の新規登録会員を増やせるかを競います!
ドベの店舗は面白い一分動画を撮ってもらうという
ペナルティあります!

皆で盛り上げていきましょう‼‼
—–

結果、1位の店舗「肉バル コンプリート」は
1ヶ月で219人の登録となった。
3位の「まかまか 名古屋栄住吉店」も、185人と大健闘した。

LINE@のポスターやPOPは、登録時の大きなメリットがない限り、
置いているだけでは、お客様にスルーされてしまう。
お客様への声がけ・アナウンスが必要と感じていても、
実際に行動しようとすると、心理的なハードルが高いのも事実。
どうしたら、集められるのだろうか。
今回のアイデアが生まれた背景には、そういった葛藤があった。

株式会社萌葱様の店舗に勤めるスタッフさんは、
若い方が多く、パワーもあって、競争心も強い。
そんなスタッフさんたちの性格を活かす、効果的な施策となった。

「うちの子達、みんな負けず嫌いだから(笑)」
と、岩月氏も語る。

キャンペーン後、各店舗それぞれお友だちへ向けて、
感謝の意を伝えるメッセージを送った。

勤める従業員・スタッフの性格や特性、強みは、
企業・お店によって、実に多様になってきている。
広告媒体や値引きに頼らない集客は、
自社の個性を認め、そこに所属する従業員の強みに
向き合っているからこそ実現できる。

当社も、出来る限りクライアント様の現場にいるスタッフさん、
お店のサービスを好きになって、来店されるエンドユーザーの心境に敏感になり、
日々のサポートに活かしています。

ご不明な点やお困りのことがあれば、気軽にご相談ください。

▼お問い合わせはコチラ!!

LINE@【名古屋】LINE@で集客

(キチンと掲載許可ももらいました。)